なんでも総合研究所 入会案内

自由研究サークル なんでも総合研究所では、随時会員を募集しています。
1年生から博士課程の方まで、学年・学部を問わず大歓迎です。
興味のある方は、パンフレット・チラシ記載のメールアドレス、 twitter メールフォーム などからご連絡ください。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

自由研究サークル なんでも総合研究所は旧称:文書研究会として、『広島大学文化・芸術系サークルの歴史』の調査を目的に、2010年に発足した比較的新しいサークルです。
勿論これだけを調べている訳ではありません。
今までに、
  広島大学の大学祭の歴史
  東広島市の神社について
  全国に伝わる子供の遊び
      等いろいろな事を調べてまとめています。
大きなテーマの他にも
  一番人気のある第二外国語は何か
  大学で200単位取るにはどうすればよいのか
  広大から西条駅まで信号に止まらずに行くには?
      なんてふと思いついた小ネタを調べたりもしています。

活動は主に2週間に一回のサークル棟1階のboxでの定例会と、各個人の調べ活動です。
ゆかたまつりや大学祭では研究の展示を行っています。
調査対象にこれといった決まりはありません。
興味を持ったこと、不思議に思ったこと、ふと思いついたこと…歴史、地誌、文化、言語、オカルトからサブカルチャーまで、調べてまとめてみたいと貴方が思えば、それは当会の調査対象です。

読書好きな貴方へ。
物を調べるのが好きな貴方へ。
新しいことを知ることが好きな貴方へ。
そんな趣味を共有し、発表できる場がココにはあります。大学で自由研究をしてみませんか?

活動内容・目的

世の中のあらゆるものについての調査・研究
広島大学文化・芸術系サークルの歴史に関する調査・研究・資料保存
広島大学大学祭の歴史に関する調査・研究・資料保存

顧問

なし

連絡担当

照屋

部員数

6名

沿革

2009年から文書研究会として活動を始める
2010年に団体として結成し、ゆかたまつりでの展示を行う
2011年1月31日に団体結成届を提出する
2011年6月17日に文化サークル団体連合への加盟申請が認められる
その後毎年ゆかた祭・広島大学文化祭での研究展示を行う
2017年1月1日より「広島大学 自由研究サークル なんでも総合研究所」に名称変更

活動日時

およそ2週間に1回、会合(定例会)を行う
約1~2時間程度

入部条件

特になし

会費

活動にかかった経費(文具・図書・資料の購入など)を記録し、
年度末に1回徴収(H28年度は一人2500円、H29年度は一人2000円程度)

これまでの活動

2011年大学祭にて「大学祭の歴史展」(悪天候にもかかわらず来場者数83名を記録)
2012年大学祭にて「研究展示」(2日間で来場者数のべ285名)
2013年以降は毎年ゆかたまつり・大学祭での研究展示を行う
発表企画の例

さらにウェブサイト上での成果報告も行っている
詳細はこちら→活動記録調査・研究報告


このページのトップへ

メインページへ